漆椀の繕い

繕いの器、今回は私が普段使っている漆の汁椀の記録になります。 これはいわゆる合鹿(ごうろく)椀と言われるもので高台が高くサイズも大振りな仁城義勝さんの作。味噌汁はたっぷり飲みたい自分には丁度良く10年来愛用してきたものだ...

ご依頼の器の繕いが完了しました

当工房で行っている器の修復(漆による繕い)、ご依頼の品がまたひとつ完了しお客様の元へお届けしました。 今回ご依頼の品はだ円小鉢という粉引の器。以前作っていた色目(手前:現在は廃版)と 現行の2種類で器の表面の色・質感が違...

ご依頼の器の繕いが完了しました

当工房で行っている器の修復(漆による繕い)、ご依頼の品がまたひとつ完了しお客様の元へお届けしました。 今回の器は欠けが大きく破片も無かったため初めに生漆を浸み込ませた麻の布で欠損部分を大まかに補い、その後錆漆を重ねて元の...